加圧トレーニングの原理と方法について3つご紹介します。

加圧トレーニングの原理について

加圧トレーニングは血液を流れ難くして、軽い運動でも強い負荷を掛けた時と同じ状態になり成長ホルモンの分泌を促して、より短時間で効率良く筋肉を鍛える方法です。血流は飽く迄も止めるのではなく流れ難くする点を理解して間違った方法で行わないように注意します。筋肉にストレスが加わると疲労物質である乳酸が溜まり成長ホルモンが分泌されて、脂肪が分解されて筋肉へと生まれ変わるのです。加圧すると締め付けた腕や掌が赤くなり、血管の隅々まで血流が行き渡っている証拠になります。

加圧する道具を理解する!

加圧する道具にはベルトなどがありますが、一口にベルトと言っても空気を入れるタイプと持ち運びが可能な専用ベルトがあります。空気を入れるタイプは必ずインストラクターや有資格者を伴ってトレーニングする必要があり、適正な加圧を施してもらいます。専用ベルトは購入時などにインストラクターなどから適正な加圧を設定してもらえば、後は自宅でも旅行先でも手軽にトレーニング出来ます。仕事でスタジオやジムなどに行く時間がない場合は専用ベルトで自宅トレーニングがお勧めです。

加圧トレーニングの方法とは?

目的などによってトレーニング方法は違いますが、筋力アップを目的とするなら週2~3回程度の軽い鍛錬で大丈夫です。ダイエット目的ならベルトは緩めにしたウォーキングや体幹を鍛える腹筋トレーニングが良いですね。加圧ベルトは筋力アップだけでなくストレッチを行う事で凝り固まった筋肉が解されて、肩こりや腰痛軽減にもなります。トレーニング時間は概ね腕で約5分・足で約10分を目安に行います。体調が悪い時は無理をせずに休みます。

加圧トレーニングなら横浜にも評判のスポーツジムが複数あり、昨今のダイエットブームとあいまったかたちで活況を呈しています。