被せ物の銀歯はもう古い!まるで本物、目立たない治療歯

虫歯の治療後は被せ物が目立ってイヤ!

歯医者で痛い思いをして虫歯を治療したのに、銀色の被せ物のせいで治療後がよく目立ってしまうなんて嫌な思いをしている方も多いと思います。歯並びの治療で矯正をした時も、矯正具が目立ってしまいます。しかし、より確実に目立たないように治療をする方法があります。インプラント治療と呼ばれる治療方法は本物そっくりの歯をあてがうことが出来るので、治療後が目立つこと無く綺麗に仕上がります。被せ物と違い骨と結合させるので取れる心配も無いのです。

まるで本物、丈夫な義歯!

本物の歯にそっくりな義歯を付けるので見た目にも良いですし、顎の骨とチタンによって結合させるので外れるといった心配は無いです。自然な仕上がりできちんと食事を摂ることが出来る硬さもあります。治療が終わったその日から普段通りの生活を営めるのです。ただ、注意しなければならないのは治療にかかる時間が非常にかかるという点です。顎の骨と結合させるまでに一ヶ月程かかるので気をつけなければなりませんし、同じ歯医者へ通うことが出来る環境も必要です。

綺麗な仕上がりだけど注意も必要

仕上がりが綺麗なインプラントではありますが、一番の注意点は費用です。被せ物で終わらせる治療とは比べ物にならないほど高額な場合が多く、気軽に治療できない事も考慮しなければならないのです。また、保険が適用されない事もあるので注意が必要です。しかし、高額であってもその仕上がりは自然な歯と区別できないほど綺麗なので、お金を貯めて治療をする価値はあります。歯は生涯付き合うものですので、ずっと大切にしていきたいものです。

オールセラミックは金属を使用することなく、セラミックだけを使用して歯に被せものをします。メリットは透明感のある自然な歯にすることが出来る、歯茎が黒くならない事です。