見た目もすっきりと!目立たない歯列矯正治療とは

歯列矯正でどうしてもネックとなる見栄え

すきっ歯や乱ぐいを始め、前歯をメインとした歯列の乱れを長時間掛けて治してゆく歯列矯正の治療ですが、その際にどうしても問題となるのが矯正中の見栄えでしょう。マルチブラケットと呼ばれる矯正具を歯列の前面に嵌め込んで矯正してゆく施術が一般的となる為、口を開いた時にどうしても前歯に嵌った矯正具が丸見えになってしまい、見た目の印象を悪くしてしまいがちなのです。また口腔内や歯磨きといったケアもやり辛いケースが多く、どうしても患者の負担が大きなものとなりがちでした。

現在では目立ちにくい手法も開発され

ですが現在、表側からでは全く矯正具が目立ちにくい手法も開発され、少なくとも見栄えに関するデメリットはかなり解消されてきているものです。例えば上記のマルチブラケットによる矯正施術の場合、従来の歯列表面に嵌め込むタイプだけでなく、歯列の裏側から嵌め込んで矯正するタイプが開発され利用され始めています。付け外しの手間が掛かるのと費用が高いという点が多少デメリットとなりますが、それでも見た目が大きく改善される事による精神的ストレスの解消は大変大きなポイントでしょう。

軽度の歯列矯正であればマウスピース法が便利に

またマルチブラケットの様に本格的な矯正具を必要としない軽度な歯列矯正の場合、薄くて透明・強度も十分に確保されたマウスピースを被せる事によって矯正を行うマウスピース法が大変便利となってきています。この方法は歯科医の高度な技量が求められるケースが多いのですが、食事あるいは歯磨きの時はマウスピースを取り外す事が出来、普段のケアも非常に楽になっているのです。付け外しもマルチブラケットと比較すれば大変容易ですから、時間的余裕の少ない日常生活でもおおいに助かりますよね。いずれにせよ自分にとって必要な矯正の強さや範囲を知り、最も効果的な方法を選択する事が大事なのです。

歯のセラミックの料金は、病院によって金額が大きく異なります。それは、自由診療であるため、病院によって設定金額が自由に決められるからです。